REO-second レビュー KKブラザーズ

 

「REO-second」の詳細はこちらをクリック


負けトレードがあっても元金が減らない!
含み損を相殺してしまう「REO-second」



FX自動売買ソフト「REO-second」の特長は、利用者の次のような感想によく表れています。


● 「負けないんじゃないのか?! この自動売買!!」
● 「ポジションさえ持てばこっちのものだと思った!」
● 「含み損があっても、元金がへりませんでした。」


「REO-second」は実損がなかなか発生しません。読みが外れて含み損が発生すると、それを相殺するためのトレードを自動的に行います。


そのおかげで、決済後は「損失にならない」どころか、「少し元金が増える」ことがほとんどなのです。含み損をリカバリーして、多少の貯金までできてしまうということですね。


だから、「REO-second」はFX自動売買ソフトのなかでも、最もストレスを感じないソフトだと言ってよいでしょう。


ふつう、FX自動売買ソフトでは口座残高がけっこう増えたり減ったりするものです。優秀なシステムなら、そうやっているうちに資金が増えていくのですが、一時的にせよ、口座残高が頻繁に減ることを覚悟しなければなりません。


それに対して、「REO-second」は滅多に口座残高が減らないのです。これは、精神的にたいへん楽です。


でも、口座残高が減らないだけじゃ、おもしろくないですね。やっぱり、資金がどんどん増えないと!


実は、「REO-second」は利益を伸ばす点でも大きなメリットがあります。トレンドをどこまでも追っかけるのです。トレーリングストップを利用して、トレンドが続いている限り利益を取りに行きます。


このように、「REO-second」には2つのモード(シフト)があるのです


● 好調のときに、とことん利益を伸ばす「利益追従シフト」
● 不調のときに、含み損をリカバリーする「相殺シフト」


これを「Dual Shift Trading」(デュアルシフトトレーディング)と呼んでいます。


ほとんどのFX自動売買ソフトでは、不調に陥ったときにできる対処法は、ひたすら耐えるか、運用を停止することぐらいしかありません。


それに対して「REO-second」は、「相殺シフト」に切り替えることによって、自動的に対処してくれるのです。


「REO-second」の有効性はバックテストのみならず、実戦でも確認されています。例えば、2010年5月3日〜5月6日の4日間運用した結果、2558.33pips獲得しています。これはバックテストではなく、実際のトレードです。


「REO-second」を運用すると、毎日、口座残高をチェックするのが楽しみになります。興味がある方は、お試しください。


詳細はこちらをクリック




KKブラザーズのFX自動売買ソフト「REO-second」のレビュー、口コミ、感想などの情報を公開しています。「REO-second」は、含み損が発生しても口座残高が減らないようなFXトレードを行います。




LAVAS 225ブレイクショット 口コミ


「日経225オプション取引 ミリオン戦略」 生方茂樹 効果


インスタントFX・トレール版【ポンド円】 口コミ